S0619 生活科教育法_第1設題_B評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数409
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    提出レポートです。B評価をいただきました。  テキストを中心にまとめてあります。 レポート作成の際の参考資料としてにお役立てください。  (資料を原文そのままで提出するのはお止めください。くれぐれもご留意くださいますようお願いいたします。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「気付き」の階層と「気付き」の質が高まる過程について、テキストに示された実践例にふれて述べなさい。
    第1章 生活科における「気付き」
    「気付き」とは「子どもの内側に生じる認識あるいは胚芽」である。そして、活動や体験とは、まさに多様なことに気付いていくプロセスであるといえよう。生活科では、教えなければならない細目が「内容」として定められているわけではない。つまり「活動」を中心に単元を構成する生活科は「かかわりの体験」、「子どもの気付き」を通して、「質の高い学び」の成立をねらいとするのである。児童が活動や体験を通して多様なことに気づいていくプロセス、場の設定が、生活科における教師の重要な役割となる。
    とりわけ、生活科では気付きの内容として「自然に関する気付き」「身近な人や社会に関する気付き」「自分自身に関する気付き」の三つが重視されている。ただし、小学校低学年の認知特性を踏まえるならば、それらは必ずしも別々の気付きではなく、「自然についての気付き」が「自分自身の気付き」につながるというように、三者が結び付いている。「活動・体験の経験化」という観点から考えると、気付き自体は学びであるとは言え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。