S0106 教育社会学_第2設題_A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数239
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    提出レポートです。A評価をいただきました。  テキストを中心にまとめてあります。 レポート作成の際の参考資料としてにお役立てください。  (資料を原文そのままで提出するのはお止めください。くれぐれもご留意くださいますようお願いいたします。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学力がどのような関わりをもつのかについて述べてください。
    第1章 現代における学力低下とは
    今、学力低下が非常にセンセーショナルに論じられている。大学生に限ってみれば、学力が低下しているという議論は別に古いものではない。これまでの大学生の学力低下は、ある意味で大衆化の必然的な帰結であった側面もある。大学生の学力低下は、要するにこれまでに大学に入れなかった層が大学生になることによって、引き起こされていたともいえるのである。したがって、そういう事態が望ましいかどうかは別として、全体的には、教育水準が上昇することによって、新しい世代は前の世代以上の学力を身につけているであろう(少なくとも劣ることはない)ということが暗黙のうちに了解されていた。
    しかし、今日展開されている議論は明らかにそれらとは異なる。過去の議論とは質が異なるからである。新しい世代の学力が前の世代の学力に及ばない、縮小再生産の過程が始まったのではないかという疑念があるところに、根本的かつ深刻な問題があるのである。こういった疑念のさらに根本にあるのは、「学ぶ」、「勉強す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。