S0525 学校教育職入門_A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数193
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    提出レポートです。A評価をいただきました。
    テキストを中心にまとめてあります。 レポート作成の際の参考資料としてにお役立てください。 
    (資料を原文そのままで提出するのはお止めください。くれぐれもご留意くださいますようお願いいたします。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめたうえで、あなたはどのような教師になりたいのかについて述べてください』
    第1章 はじめに
    本来「教員」とは、近代の学校を職場として資格を持った人が社会から教育を委託され、専門的に従事している職業人のことを表す言葉である。この「教員」とは一体いつごろから社会に出現し始めたのであろうか。近代に入り、封建社会が崩壊し、身分による規定がなくなると、教育が立身出世の階梯となり、職業集団としての大量の教授者が生み出されるようになったという。これが今で言う「教員」や「教師」の始まりである。日本では、1872年の「学制」の制定以降、本格的な教員の養成が始まり、戦時中の天皇制絶対主義国家の規定の中で一次支配的になるが、日本国憲法の制定以降、これまでの滅私奉公の教育が、現代に生きる「労働者」として位置づけられ、経済的報酬に固持することなく積極的に奉仕的実践をすることが理想の教師像とされることとなった。
    昨今、日本を含め世界の経済は発展し続けている。それに伴い、人びとの生活も変化しており、その中で子どもにおいても同様に変化を続けている。世の中の流れ、子ど..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。