S0101 教育原論_第1設題_A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数221
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    提出レポートです。A評価をいただきました。
    テキストを中心にまとめてあります。 レポート作成の際の参考資料としてにお役立てください。 
    (資料を原文そのままで提出するのはお止めください。くれぐれもご留意くださいますようお願いいたします。)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペスタロッチーの教育学(直観の原理)について考察せよ
    第一章 はじめに(ペスタロッチーの生涯)
    ペスタロッチーはスイスの教育家であり、その教育実践と思想は、ルソーや他の啓蒙思想家に影響を受けた深い人間愛・ヒューマニズムに立脚している。1746年にチューリッヒで生まれた彼は、幼くして父を失い、兄妹とともに母と家政婦によって育てられた。幼年期の女性によって育てられたことが、後年教育における女性の重要性を説いたことに影響していると考える。また、貧しい人々の救済のために働いていた牧師である祖父の影響で、宗教的信仰を以って貧しい人々の救済事業にあたることを決意する。1763年神学を学ぶために大学に入学したが、貧民救済のためには宗教ではなく法学が重要であると悟り、特に政治学、歴史学に魅了された。その後農業改革での人民救済を目指し、1771年ノイホーフ農場を設立するが失敗。1774年には困窮のなか、貧しい家の子供や孤児のための学校・貧民院を設立するが、経済上の理由で閉鎖されてしまう。しかし友人の勧めでこのときの教育実践を新聞紙上で紹介し、『隠者の夕暮れ』(1780年)、『リーンハルトとゲルトルート』..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。