P6302 米文学史 第1設題 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数728
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ』
     エドガー・アラン・ポーは旅役者の子どもとしてボストンに生まれ、短編小説、詩、批評のそれぞれの分野における創作意欲は目を見張るものであった。まず、短編小説について述べると、ほとんどが雑誌に寄稿されたもので、『怪奇幻想物語集』(Tales of Grotesque and Arabesque,1840)と『短編集』(Tales, 1745)にまとめられている。そして小説は、(1)恐怖をねらったもの、(2)美的または詩的なもの、(3)推理もの、の3種類に分けられる。(1)恐怖をねらったものとしては、「びんの中の手記」(M.S. Found in a Bottle,1833)や、「ライジア」(Ligeia, 1838)、現実と幻想の交錯する中で恐怖の効果をねらった「アッシャー家の崩壊」(The Fall of the House of Usher, 1839)、「ウィリアム・ウィルソン」(William WIlson, 1839)、「メールストロームの旋渦」(A Descent into the Maelstrom, 1841)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。