Z1106 道徳教育の研究 レポート 佛教大学通信教育部

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,237
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    道徳教育の意義について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    道徳教育の意義について述べよ。
    今日の学校における道徳教育は、学校の教育活動の全体を通じて行われるものとされているが、さらにそれを補充し深化するために、「道徳」の時間が設けられている。しかし、今日の道徳問題は、学校という枠の中だけでなく、家庭や地域社会全体にわたって密接な関連をもって、大規模な展開を見せている。道徳教育は決して教訓的に上からお説教するのであなく、一人ひとりが自発的に行動することが大切であり、その点で「教育基本法」の精神は道徳教育には欠くことのできないものである。次の世代を担っていく子どもたちに、人間としてふさわしい社会規範を身につけさせる。それは、子ども一人ひとりが幸せになることを前提としており、子どもたちのもっている様々な豊かな能力を見つけそれを伸ばすのである。その能力とは、知識・情操・身体の三領域からなっており、それらが調和がとれて発達していくことが必要で、道徳教育こそ、この調和のために欠くべからざる核となるものである。
     昭和二十二年に最初の学習指導要領が制定された。学習指導要領は、文部科学省が作成する文書であり、小中高校及び養護学校などの教育内容及び教育課程の要..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。