合格レポート 哲学 分冊2

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数372
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ※2000字程度 こちらの資料は参考文献をもとに作成されたレポートになります。あくまで参考用としてお使いください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    カントは、経験論は認識の起源が経験であるとして理性の働きを無視することによって、一方、合理論は理性を万能なものと見なしたことによって、両者ともに誤ったとしました。
     そこで正しい認識を得るためには経験がいかに認識となりえるかという分析から始めなければならない、そのためには理性の働きの検討、すなわち理性の批判をしなければならないと考え、『純粋理性批判』を著しました。
    『純粋理性批判』においてカントは、形而上学の範囲や限界を理性能力の批判によって行います。その最大の課題は「アプリオリな綜合判断はいかにして可能か」ということです。分析判断は述語の概念が主語のそれに含まれている判断であり、それに対して綜合判断とは主語概念を述語が付加するような判断です。アプリオリとは先天的という意味で必然性と普遍性を必要としますから、要するにこの問いは、それらを有しかつ拡張的な認識とは何か、ということになるのです。ここでカントはコペルニクス的転回といわれる思考様式の革命を起こします。「あらゆるわれわれの認識が対象に従わなくてはならない」という従来の考え方では、アプリオリな総合判断は不可能です。そうではなくて、「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。