日本語学概論第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数620
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    M6106 日本語学概論 第2設題 「美しい」と「きれいだ」について、意味の類似点と相違点を述べよ。
    レポート作成の参考にどうぞ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「美しい」と「きれいだ」について、意味の類似点と相違点を述べよ。
    1「美しい」と「きれいだ」の用法・用例
    まず「大辞泉」による「美しい」の用法・用例について述べる。
    (1) 色・形・音などの調和がとれていて快く感じられるさま。人の心や態度の好ましく理想的であるさまにもいう。
    ①きれいだ。あでやかだ。うるわしい。「若く美しい女性」「琴の音が美しく響く」
    ②きちんとして感じがよい。「美しい町並み」「美しい文章」
    ③清らかでまじりけがない。好ましい。「美しい友情」
    (2) 妻子など、肉親をいとしく思うさま。また、小さなものを可憐に思うさま。かわいい。いとしい。愛すべきである。
    「妻子(めこ)見ればめぐし美し」〈万・八〇〇〉
    「なにもなにも、小さきものはみな美し」〈枕・一五一〉
    (3) 立派である。見事だ。
    「かの木の道の匠(たくみ)の造れる、美しきうつは物も」〈徒然・二二〉
    (4) (連用形を副詞的に用いる)きれいさっぱりとしている。
    「ウツクシウ果テタ」〈日葡〉
    「美しくお暇(いとま)取り、二度(ふたたび)在所へ来るやうに」〈浄・歌念仏〉
    「きれいだ」の用法・用例
    (1) 色・形などが華や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。