日本語学概論第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数425
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    M6106 日本語学概論第1設題 「仮名づかい」について述べよ。
    レポート作成の参考にどうぞ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「仮名づかい」について述べよ。
     仮名づかいとは、国語を仮名で表わす場合、どんな仮名を用いるかについてのきまりである。平仮名・片仮名が用いられ始めたころは、一つの音節に対して一つの仮名が対応していたため、仮名づかいの問題は起こらなかった。ところが、平安時代中期以降、音韻が変化し、それまで区別にあった「い・え・お」と「ゐ・ゑ・を」の音が同音となり、さらに、語中・語尾の「は・ひ・ふ・へ・ほ」と「わ・ゐ・う・ゑ・を」の音が同音となったため、これらの音の仮名表記には、二種類以上の仮名が使用されるようになって、区別して書き表すことが困難となった。鎌倉時代初期になるとその混同がますますはなはだしくなってきた。こういった混乱の中、仮名づかいの整理の必要性が高まり、仮名を用いる際の規範としての「仮名づかい」がまとめられ始めたと考えられている。このようにしてまとめられてきた仮名づかいには、「定家仮名づかい」、「契沖仮名づかい」、「現代仮名づかい」の三つの種類がある。
    ・定家仮名づかい
    定家仮名づかいは、藤原定家の著書『下官集』を始まりとする。この中にある「嫌文字事」が仮名遣いについて触れたものであり、定..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。