教育方法学1第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数593
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    Z1108 教育方法学1第1設題 従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。
    テキストを中心にまとめています。レポート作成の参考にどうぞ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。
    現在、児童・生徒を含む我々を取り巻く環境は目まぐるしく変化している。工業社会から情報社会へ、さらに知識基盤社会へと移行する社会の中で生計を営むための能力が問われている。また、社会や経済のグローバル化が急速に発展し、異なる文化の共存や持続可能な発展に向け、国際協力が求められるとともに、人材育成面での国際競争も加速している。そのような社会変化に伴って学校教育においても大きな転換期を迎えていることは言うまでもない。21世紀の知識基盤社会を生きていくために、情報活用能力は読み、書き、計算と並ぶ基礎・基本の学力と考えられるようになり、国際社会を生きていくために学校教育において外国語を充実することが重要な課題となっている。このような社会の変化に対応するべく、新学習指導要領では生きる力をはぐくむということを基礎理念とし、自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力を育成..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。