教育相談の研究(中・高)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数453
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Z1110(Z1118)教育相談の研究(中・高) 学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
    レポート作成の参考にどうぞ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
     近年の教育現場では、不登校・いじめ・非行・学級崩壊など様々な問題が子どもたちを取り巻いており、学校の問題としてのみでなく、広く社会現象として捉えられるようになってきている。これらの問題行動への対応を教師にのみまかせておくという時代は去り、スクールカウンセラーなど、これまで学校が経験したことない新しい分野の人々との協力が必要不可欠となってきた。そのため、学校の先生においても、従来の教育的アプローチからの子ども指導だけでなく、カウンセリング的アプローチからの子ども理解が求められる。
     広義のカウンセリングの意味としては、人が日常生活を営む上で生じる悩みに対して相談や指導をするということである。すなわち、専門的知識がなくとも、相談を受ける個人に資質や経験から得た知識があればカウンセラーとして成り立っていた。しかし、近代に入り社会の構造が複雑化するにしたがい、人々の悩みも多肢にわたり、その相談内容も多様化し、単なる素質や経験だけでは対応できないようになってきた、そのため..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。