介護における専門性と記録

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数374
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    介護記録

    代表キーワード

    介護

    資料紹介

    介護の記録の書き方です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護における専門性と記録
    (1)専門職とは何か
     専門職とは何か?現代の日本においては国家資格を必要とする職業を指すことが多いが、近年では高度な専門知識が必要となる仕事については、国家資格を不要とする仕事でも専門職と呼称することが多い。専門職は自己の仕事の成果や評価を記録し法的に保存することを求められている。
    (2)介護の記録
     介護教育において従来から用いられる多くのテキストを見ると介護の専門性は
    ①利用者を理解すること
    ②観察の重要性
    ③利用者の人権を大切にする
    ④安全安楽を重視した介護技術
    ⑤他職種との連携
    の項目があげられている。記録について大きく取り扱っているテキストは見当たらず、どちらからといえば介護従業者が倫理観を持つことを期待した内容である。介護に関する記録の多くは他職種との連携の章立ての一部で取り上げられる程度です。
    従来の介護教育をテキストから類推すると介護の専門性として期待されていることは介護技術を利用者に提供する実践力である。よりよい介護を定供するためには利用者を理解し、介護従事者自身が人間性を高め、相手の人格を尊重し、安全に安楽な技術を提供することに重点が置か..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。