経管栄養法 胃瘻 空腸瘻

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,885
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    経管栄養法
    ■種類
     1.経鼻経管栄養法(NG法)
     2.胃ろう法(PEG)
     3.空腸ろう法

    ■特徴
    経路による分類 特徴
    経鼻経管栄養法 ・持続的に胃内に管を留置する方法
    ・食事ごとの胃管挿入の手間がないが、咽頭・喉頭・噴門部に異物(管)があるため半開状態で胃食道逆流現象がおきやすく、それに伴う誤嚥の危険が高い
    胃ろう法 ・美容上すぐれている
    ・咽頭・喉頭・噴門部に異物(管)がないため、胃食道逆流現象が少ない
    ・栄養補給を行いなが、嚥下機能回復訓練がスムーズにできる
    空腸ろう法 ・口~胃に通路障害がある時に適応


    ■栄養物の種類と特徴
    種類 特徴 カテーテルサイズ
    濃厚流動食 ・天然素材をそのまま用いている
    ・粘性高い
    ・チューブがつまりやすい、衛生面での問題と管理上の欠点がある ・14Fr
    半消化態栄養剤 ・食品として扱われるものと医薬品として扱われるものがある
    ・軽度の消化・吸収障害があっても摂取できるがある程度の消化機能は必要とされる
    ・経口でも摂取可能
    ・浸透圧が高いため、消化管内に水を引き込んでしまい、下痢をおこしやすい
    ・エンシュアリキッド、クリニミール、オクノスなど ・8Fr
    消化態栄養剤(成分栄養剤ED:エレメタンリーダイエット) ・医薬品扱い
    ・高度の消化機能障害があっても使用できる
    ・脂肪は含まれていないため経静脈的投与が必要
    ・経口摂取には向かない
    ・浸透圧が高いため、消化管内に水を引き込んでしまい、下痢をおこしやすい
    ・エレンタール、エンテルードが代表的 ・8Fr

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経管栄養法
    ■種類
     1.経鼻経管栄養法(NG法)
     2.胃ろう法(PEG)
     3.空腸ろう法
    ■特徴
    経路による分類 特徴
    経鼻経管栄養法 ・持続的に胃内に管を留置する方法
    ・食事ごとの胃管挿入の手間がないが、咽頭・喉頭・噴門部に異物(管)があるため半開状態で胃食道逆流現象がおきやすく、それに伴う誤嚥の危険が高い
    胃ろう法 ・美容上すぐれている
    ・咽頭・喉頭・噴門部に異物(管)がないため、胃食道逆流現象が少ない
    ・栄養補給を行いなが、嚥下機能回復訓練がスムーズにできる
    空腸ろう法 ・口~胃に通路障害がある時に適応
    ■栄養物の種類と特徴
    種類 特徴 カテーテルサイズ
    濃厚流動食 ・天然素材をそのまま用いている
    ・粘性高い
    ・チューブがつまりやすい、衛生面での問題と管理上の欠点がある ・14Fr
    半消化態栄養剤 ・食品として扱われるものと医薬品として扱われるものがある
    ・軽度の消化・吸収障害があっても摂取できるがある程度の消化機能は必要とされる
    ・経口でも摂取可能
    ・浸透圧が高いため、消化管内に水を引き込んでしまい、下痢をおこしやすい
    ・エンシュアリキッド、クリニミール、オク..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。