胸腔ドレナージ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数12,264
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    胸腔ドレナージ(持続的吸引)
    ■胸腔ドレナージとは
    ・胸腔を穿刺してカテーテルを挿入し、貯留している滲出液や血液、空気などを一定期
    間持続的に吸引・排除し胸腔内圧を一定に保つ
    ・胸腔内はー5㎝H2Oで陰圧であるので、吸引する場合はもっと大きなー8~ー15  ㎝H2Oの吸引圧をかける
    ・胸腔穿刺では、安全安楽に行われるよう援助し、ドレナージが行われている間は管理観察を行う

    ■目的
     ・胸腔内に溜まった血液や滲出液を排除する
     ・開胸術で陽圧になった胸腔内を排気して陰圧にする
     ・ドレーンからの排液により創部の癒合状態を知る

    ■吸引装置の種類
     ①水封式吸引装置
      ・ドレーンは、チューブの先端は水中に入っているガラス管に接続し、つねに水封し   
       た状態にしておく
      ・肺を広げておくために胸腔内を陰圧にしておくことが必要なので、呼吸に伴い水を吸い上げその分だけ陰圧となる
      ・空気や貯留液の観察と、ガラス管内の液面の呼吸に伴う移動で、胸腔内圧を観察できる
      ・びんの水封は逆流する可能性があるため、滅菌蒸留水は浸透圧の違いから炎症をおこすので使用しない。必ず、滅菌生理食塩水を使用する

     ②低圧持続吸引装置
      ・排液ビンと吸引圧調節ビンを連結し、ドレーンは排液ビンに接続する
      ・吸引調節ビンに10~20㎝の高さまで水を入れる、ガラス管が水中に入っている高さの陰圧で吸引する

     ③3連ビン装置
      ・排液ビン、水封ビン、吸引圧調節ビンと連結したもの

     ④胸腔ドレーンバッグ
      ・3連ビンシステムをひとつのユニットにまとめた装置

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    胸腔ドレナージ(持続的吸引)
    ■胸腔ドレナージとは
    ・胸腔を穿刺してカテーテルを挿入し、貯留している滲出液や血液、空気などを一定期
    間持続的に吸引・排除し胸腔内圧を一定に保つ
    ・胸腔内はー5㎝H2Oで陰圧であるので、吸引する場合はもっと大きなー8~ー15  ㎝H2Oの吸引圧をかける
    ・胸腔穿刺では、安全安楽に行われるよう援助し、ドレナージが行われている間は管理観察を行う
    ■目的
     ・胸腔内に溜まった血液や滲出液を排除する
     ・開胸術で陽圧になった胸腔内を排気して陰圧にする
     ・ドレーンからの排液により創部の癒合状態を知る
    ■吸引装置の種類
     ①水封式吸引装置
      ・ドレーンは、チューブの先端は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。