HOT在宅酸素療法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,804
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    在宅酸素療法(HOT)
     ○利用者の大多数が高齢者
     ○利用者は推計10万~11万人に達している
     ○対象の主要疾患は慢性閉塞性肺疾患(COPD)
     ○原疾患が治癒する治療ではない
     ○「在宅療養指導管理料」として健康保険の適用となり、レンタルシステムが確立して 
      いる

    ■目的
     ①心不全などの併発危険因子を少なくする
     ②入院の頻度・期間をできるだけ少なく、短くし、在宅療法の継続を可能にする
     ③労作時の息切れや呼吸困難を緩和して生活の質(QOL)の向上を目指す

    ■適応基準
     ①高度慢性呼吸不全・・・動脈血酸素分圧55mmHg以下
                 および動脈血酸素分圧60mmHg以下で睡眠時または
                 運動負荷時に著しい低酸素血症をきたし、医師が在宅酸
                 素療法を必要と認めた者
                 
     ②肺高血圧症
     ③慢性心不全
     ④チアノーゼ型先天性心疾患

    ■HOTで用いる酸素供給装置の種類
     ①酸素濃縮器
      ○種類・・・膜型(酸素を選択的に通す膜を用いた酸素濃度40%のもの)
            吸着型(窒素を選択的に吸着する酸素濃度90%のもの)
        ・電源が必要で電気代がかかる
      ・電源を入れれば半永久的に酸素供給できる
      ・短期間の停電時のため酸素ボンベを準備しておく必要がある
      ・設置型の場合は、外出時携帯用の酸素ボンベが必要

    在宅酸素療法(HOT)
     ○利用者の大多数が高齢者
     ○利用者は推計10万~11万人に達している
     ○対象の主要疾患は慢性閉塞性肺疾患(COPD)
     ○原疾患が治癒する治療ではない
     ○「在宅療養指導管理料」として健康保険の適用となり、レンタルシステムが確立して 
      いる

    ■目的
     ①心不全などの併発危険因子を少なくする
     ②入院の頻度・期間をできるだけ少なく、短くし、在宅療法の継続を可能にする
     ③労作時の息切れや呼吸困難を緩和して生活の質(QOL)の向上を目指す

    ■適応基準
     ①高度慢性呼吸不全・・・動脈血酸素分圧55mmHg以下
                 および動脈血酸素分圧60mmHg以下で睡眠時または
                 運動負荷時に著しい低酸素血症をきたし、医師が在宅酸
                 素療法を必要と認めた者
                 
     ②肺高血圧症
     ③慢性心不全
     ④チアノーゼ型先天性心疾患

    ■HOTで用いる酸素供給装置の種類
     ①酸素濃縮器
      ○種類・・・膜型(酸素を選択的に通す膜を用いた酸素濃度40%のもの)
            吸着型(窒素を選択的に吸着する酸素濃度90%のもの)
        ・電源が必要で電気代がかかる
      ・電源を入れれば半永久的に酸素供給できる
      ・短期間の停電時のため酸素ボンベを準備しておく必要がある
      ・設置型の場合は、外出時携帯用の酸素ボンベが必

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

         在宅酸素療法(HOT)
     ○利用者の大多数が高齢者
     ○利用者は推計10万~11万人に達している
     ○対象の主要疾患は慢性閉塞性肺疾患(COPD)
     ○原疾患が治癒する治療ではない
     ○「在宅療養指導管理料」として健康保険の適用となり、レンタルシステムが確立して 
      いる
    ■目的
     ①心不全などの併発危険因子を少なくする
     ②入院の頻度・期間をできるだけ少なく、短くし、在宅療法の継続を可能にする
     ③労作時の息切れや呼吸困難を緩和して生活の質(QOL)の向上を目指す
    ■適応基準
     ①高度慢性呼吸不全・・・動脈血酸素分圧55mmHg以下
                 および動脈血酸素分圧60mmHg以下で睡眠時または
                 運動負荷時に著しい低酸素血症をきたし、医師が在宅酸
                 素療法を必要と認めた者
                 
     ②肺高血圧症
     ③慢性心不全
     ④チアノーゼ型先天性心疾患
    ■HOTで用いる酸素供給装置の種類
     ①酸素濃縮器
      ○種類・・・膜型(酸素を選択的に通す膜を用いた酸素濃度40%のもの)
            吸着型(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。