ALS筋委縮性側索硬化症

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,136
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    筋委縮性側索硬化症(ALS)
     ○全身の運動ニューロンが選択的に障害される神経変性疾患で、運動神経の変性のため
    に全身の骨格筋の委縮や筋力低下を起こす難病
    ○特定疾病(介護保険)、特定疾患(医療保険)の適応疾患

    ■病態
     ・上位ニューロンと下位ニューロンに進行性の変性脱落が生じる原因不明の疾患
     ・一部は家族性で成人に発症する

    ■症状
     ・初発症状は、手・指の筋委縮と筋力低下が特徴
     ・次第に上肢・下肢麻痺へと移行
     ・進行に伴い、言語障害、嚥下障害、呼吸障害が生じる
     ・感覚障害、膀胱・直腸障害、眼球運動障害、褥瘡ができにくい(4大陰性症状)
    上位運動ニューロン症状 痙(けい)縮(しゅく)、腱反射亢進、バビンスキー徴候、強制笑い、強制泣き、歩行時に足をはさんで歩くはさみ歩行
    下位運動ニューロン症状 筋委縮、猿手(正中神経麻痺)、鷲手(尺骨神経麻痺)、垂れ手、線維束性収縮、筋力低下
    球麻痺 舌の麻痺、委縮、線維束性収縮、構音障害、嚥下障害、顔面筋力低下

    ■検査・診断
     ・特異的な診断法はない。初期症状や神経学的所見から、総合的に判断する
      ・下記でほぼ確定診断とみなされる
    ①成人発症
     ②経過が進行性
     ③神経所見で球麻痺症状、上位運動ニューロン症状、下位運動ニューロン症状のうち2つ以上が見られる
     ④筋電図で、高振幅電位、多相性電位が見られる
     ⑤鑑別診断(脊髄性進行性筋委縮症、原発性側索硬化症ではない)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    筋委縮性側索硬化症(ALS)
     ○全身の運動ニューロンが選択的に障害される神経変性疾患で、運動神経の変性のため
    に全身の骨格筋の委縮や筋力低下を起こす難病
    ○特定疾病(介護保険)、特定疾患(医療保険)の適応疾患
    ■病態
     ・上位ニューロンと下位ニューロンに進行性の変性脱落が生じる原因不明の疾患
     ・一部は家族性で成人に発症する
    ■症状
     ・初発症状は、手・指の筋委縮と筋力低下が特徴
     ・次第に上肢・下肢麻痺へと移行
     ・進行に伴い、言語障害、嚥下障害、呼吸障害が生じる
     ・感覚障害、膀胱・直腸障害、眼球運動障害、褥瘡ができにくい(4大陰性症状)
    上位運動ニューロン症状
    けい痙しゅく縮、腱反射亢..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。