心臓カテーテル治療 PCI,AVL経皮的冠状動脈インターベンション

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,309
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    心臓カテーテル治療
    1.経皮的冠状動脈インターベンション(PCI)
    ■適応
     ・冠動脈疾患に伴う狭窄性病変の拡張
     ・心筋梗塞の急性期に閉塞した冠動脈の再開通

    ■禁忌
     ・左冠動脈主幹部に病変がある症例
     ・びまん性の狭窄性病変
     ・出血性素因のある患者
     ・PCI手技や術後に安静にできない患者

    ■合併症
     ・急性冠状動脈閉塞や冠状動脈裂孔・破裂・乖離などは発生すると致死的
     ・心タンポナーデ、急性心筋梗塞、重症不整脈

    ■種類
     (1)経皮経管冠状動脈形成術(PTCA)
      ・先端にバルーンのついたカテーテルを、狭窄のある冠状動脈内に挿入し気圧をかけ、
    拡張させることで狭窄部位を広げる方法
      ・内膜剥離を起こすことが多く、再狭窄率も高い
    *PTCAによる内膜剥離
      動脈硬化プラークは非常に硬い部分が多く、ほとんどの場合
    動脈の内膜に裂け目がはいり拡張される
     (2)方向性冠状動脈粥腫切除術(DCA)
      ・冠状動脈狭窄部にある粥腫(アテローム)を、方向性を持ったカッターで削り取る方法
     (3)ロータブレータ
      ・カテーテルの先端に人工ダイヤモンドをちりばめた金属のバーがついていて、1分間
    に20万回と高速回転することで、やわらかいものは粉砕せず、かたいもののみが切
    除される
     (4)ステント
      ・金属製のコイルをかぶせたバルーン付カテーテルを動脈狭窄部に挿入し、ステント
    で内腔を支えるように留置し血管を拡張させる方法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心臓カテーテル治療
    1.経皮的冠状動脈インターベンション(PCI)
    ■適応
     ・冠動脈疾患に伴う狭窄性病変の拡張
     ・心筋梗塞の急性期に閉塞した冠動脈の再開通
    ■禁忌
     ・左冠動脈主幹部に病変がある症例
     ・びまん性の狭窄性病変
     ・出血性素因のある患者
     ・PCI手技や術後に安静にできない患者
    ■合併症
     ・急性冠状動脈閉塞や冠状動脈裂孔・破裂・乖離などは発生すると致死的
     ・心タンポナーデ、急性心筋梗塞、重症不整脈
    ■種類
     (1)経皮経管冠状動脈形成術(PTCA)
      ・先端にバルーンのついたカテーテルを、狭窄のある冠状動脈内に挿入し気圧をかけ、
    拡張させることで狭窄部位を広げる方法
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。