心臓カテーテル検査 スワンガンツカテーテル

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,539
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    心臓カテーテル検査
    ■心臓カテーテル検査とは
     ・末梢の動静脈よりカテーテルを心臓内に挿入し、心腔や大血管の内圧測定や造影をし
    て、心臓の形態や機能を評価する検査
     ・静脈系の血圧などを測定する「右心カテーテル法」と動脈系の血圧などを測定する「左
    心カテーテル法」の2種類がある

    ■目的
     ・侵襲的な検査でリスクもあるため、冠状動脈の狭窄度の測定など、この検査でなけれ
    ば得られない情報を得る目的で行う

    ■適応
     ①狭心症、急性心筋梗塞などの虚血性心疾患、弁膜症、心筋症、先天性心疾患などの病態生理と構造異常分析
     ②冠動脈造影検査で病変の特定

    ■検査項目
     (1)カテーテルの走行から、心内または大血管の疾患を知る
      ・例:動脈管開存症
     (2)各部位の血液の酸素飽和度から、短絡の有無・部位・大きさを知る
      ・例:心房中隔欠損症、心室中隔欠損症
     (3)各部位の圧波形を見ることによって、弁の狭窄の有無や、心臓の血行動態を調べる
     (4)造影剤を注入して血管や心臓を造影し、疾患を診断する

    ■検査方法
     (1)穿刺部位を消毒する
     (2)局所麻酔を注射する
     (3)穿刺針を刺し、ガイドワイヤー、シースを挿入する
     (4)カテーテル挿入
     (5)冠動脈の撮影では、カテーテル挿入し、造影剤を注入しながら撮影する
     (6)カテーテルを交換し、心腔の撮影、内圧測定を行う
     (7)カテーテル、シースを抜去し、止血を行う



    ■副作用
     ・造影剤などの検査薬によるアレルギー反応
     ・血管の一時的な閉塞
     ・感染症

    ■右心カテーテル法・・・静脈系にカテーテルを挿入して行う検査の総称
     (1)穿刺部位
      ・大腿静脈、内頸静脈、鎖骨下静脈
      ・カテーテルは、大静脈→右心房→右心室→肺動脈→肺動脈末梢と進められる

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心臓カテーテル検査
    ■心臓カテーテル検査とは
     ・末梢の動静脈よりカテーテルを心臓内に挿入し、心腔や大血管の内圧測定や造影をし
    て、心臓の形態や機能を評価する検査
     ・静脈系の血圧などを測定する「右心カテーテル法」と動脈系の血圧などを測定する「左
    心カテーテル法」の2種類がある
    ■目的
     ・侵襲的な検査でリスクもあるため、冠状動脈の狭窄度の測定など、この検査でなけれ
    ば得られない情報を得る目的で行う
    ■適応
     ①狭心症、急性心筋梗塞などの虚血性心疾患、弁膜症、心筋症、先天性心疾患などの病態生理と構造異常分析
     ②冠動脈造影検査で病変の特定
    ■検査項目
     (1)カテーテルの走行から、心内または大血管の疾患を知る
      ・例:動脈管開存症
     (2)各部位の血液の酸素飽和度から、短絡の有無・部位・大きさを知る
      ・例:心房中隔欠損症、心室中隔欠損症
     (3)各部位の圧波形を見ることによって、弁の狭窄の有無や、心臓の血行動態を調べる
     (4)造影剤を注入して血管や心臓を造影し、疾患を診断する
    ■検査方法
     (1)穿刺部位を消毒する
     (2)局所麻酔を注射する
     (3)穿刺針を刺し、ガイドワイヤ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。