心筋梗塞

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数697
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護医療疾患検査心筋梗塞

    代表キーワード

    心筋梗塞

    資料紹介

    心筋梗塞
    ■病態
     ・冠動脈が血栓により完全に閉塞して血流が途絶し、酸素欠乏によって心筋に壊死が生
    じた病態
     ・アテローム性動脈硬化により血管内壁のプラークが破裂し、血栓が付着して内腔を塞
    ぐために生じる
     ・心筋梗塞の急性期は、急性心筋梗塞とよばれる
     ・死亡率は30%と高く、多くは発作直後から12時間以内に死亡する
     ・死亡原因は、心不全・ショック・重症不整脈(心室細動など)の合併症が原因となる
    ■種類
     (1)貫壁性梗塞
      ・冠動脈主分枝の完全閉塞によって、心内膜層から心外膜層まで心室壁に塊状の壊死
    が生じる
      ・心電図はST上昇と異常Qをみとめる
     (2)心内膜下梗塞(非貫壁性梗塞)
      ・側副血行路がある場合や、細い冠状動脈の完全閉塞では、心内膜層を主病巣とする
    小さな散在性の壊死を生じる
      ・心電図上は異常Qをみとめないことが多いので、non-Q梗塞ともよばれる
    ■症状
     ・突然起こる前胸部の激痛
     ・胸部の圧迫されたような痛みが30分以上、数時間持続する
     ・痛みが、左顎、左肩、腕、胃部に放散したり、呼吸困難、冷や汗、血圧低下などショ
    ック症状が現れることもある
     ・高齢者や糖尿病患者では胸痛がない場合もある(無症候性心筋梗塞)
     ・胸痛はニトログリセリンを用いても軽快しないことが多い
    ■検査・診断
     (1)心電図  
     (2)血液検査
      ・ミオグロビン、ミオシン軽鎖Ⅰ(MLCI)、CK、AST、LDHの順に発作直後上昇する
      ・回復期の経過や梗塞部拡大評価にはCKとミオグロビンが用いられる
     (3)トロポニンT測定
      ・迅速簡易検査法で15分ほどで結果がでる
      ・トロポニンTは急性心筋梗塞では発症後3.5時間で上昇し、発症後7~10日にわた
    って上昇持続
    (4)心エコー
      ・発作後数時間以内で左室壁運動の低下がみとめられることが多い
      ・発作数日後には、心膜炎による心嚢液貯留をみとめることがある
     (5) 右心系カテーテル検査
      ・心拍出量、右房圧、右室圧、肺動脈圧、肺動脈楔入圧(左房圧)を測定
     (6) 冠動脈造影検査
      ・心筋梗塞の発作が疑われる場合や発作数時間以内で、冠動脈閉塞の有無・部位確認
    のために行う
      ・冠動脈閉塞部位は♯で表示され、狭窄度は%で表示される

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心筋梗塞
    ■病態
     ・冠動脈が血栓により完全に閉塞して血流が途絶し、酸素欠乏によって心筋に壊死が生
    じた病態
     ・アテローム性動脈硬化により血管内壁のプラークが破裂し、血栓が付着して内腔を塞
    ぐために生じる
     ・心筋梗塞の急性期は、急性心筋梗塞とよばれる
     ・死亡率は30%と高く、多くは発作直後から12時間以内に死亡する
     ・死亡原因は、心不全・ショック・重症不整脈(心室細動など)の合併症が原因となる
    ■種類
     (1)貫壁性梗塞
      ・冠動脈主分枝の完全閉塞によって、心内膜層から心外膜層まで心室壁に塊状の壊死
    が生じる
      ・心電図はST上昇と異常Qをみとめる
     (2)心内膜下梗塞(非貫壁性梗塞)
      ・側副血行路がある場合や、細い冠状動脈の完全閉塞では、心内膜層を主病巣とする
    小さな散在性の壊死を生じる
      ・心電図上は異常Qをみとめないことが多いので、non-Q梗塞ともよばれる
    ■症状
     ・突然起こる前胸部の激痛
     ・胸部の圧迫されたような痛みが30分以上、数時間持続する
     ・痛みが、左顎、左肩、腕、胃部に放散したり、呼吸困難、冷や汗、血圧低下などショ
    ック症状が現れることもある
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。