大腸内視鏡検査

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数730
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    大腸内視鏡検査(CF)
    ■大腸内視鏡検査(CF)とは
     ・肛門より大腸ファイバースコープを挿入し、直腸から結腸、回腸末端にかけて診断・
    治療を行う方法

    ■種類
     (1)ファイバー内視鏡
      ・光ファイバースコープ
     (2)電子コープ
      ・CCDと先端にとりつけた内視鏡
      ・電子コープが日本では主流
     (3)カプセル内視鏡
      ・小腸内視鏡は製品化されているが、大腸はバッテリーの持続時間の問題があり、開
    発中

    ■目的
     ・癌の早期発見のための検診
     ・癌の診断

    ■方法
     ①検査2時間前に、腸洗浄のクエン酸マグネシウム(マグコロールなど)を服用。便がきれ
    いな水様性になれば完了
     ②鎮痙薬を筋注する
     ③左側臥位になる
     ④肛門部に塩酸リドカイン(キシロカイン)ゼリーを塗布して、スコープを挿入する
     ⑤必要に応じて体位変換を行いながら、大腸を観察・撮影する
     ⑥必要に応じて生検、色素散布を行う
     ⑦必要に応じてガスを排出させる
     ⑧スコープを抜去後、肛門の周囲を清拭する

    *鎮痙薬とは

     消化管の蠕動運動を抑えるために、抗コリン薬(ブスコパンなど)を注射する。ただし、抗コリン薬が禁忌(心疾患、緑内障、前立腺肥大症、薬物アレルギーなど)の場合は、グルカゴンを用いる

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    大腸内視鏡検査
    ■大腸内視鏡検査とは
     ・肛門より大腸ファイバースコープを挿入し、直腸から結腸、回腸末端にかけて診断・
    治療を行う方法
    ■種類
     (1)ファイバー内視鏡
      ・光ファイバースコープ
     (2)電子コープ
      ・CCDと先端にとりつけた内視鏡
      ・電子コープが日本では主流
     (3)カプセル内視鏡
      ・小腸内視鏡は製品化されているが、大腸はバッテリーの持続時間の問題があり、開
    発中
    ■目的
     ・癌の早期発見のための検診
     ・癌の診断
    ■方法
     ①検査2時間前に、腸洗浄のクエン酸マグネシウム(マグコロールなど)を服用。便がきれ
    いな水様性になれば完了
     ②鎮痙薬を筋注する
     ③左側..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。