食道癌

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数267
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護医療疾患検査食道癌がん

    代表キーワード

    食道癌

    資料紹介

    食道癌
    ■病態
     ・食道癌ができる範囲は、頸部食道、腹部食道に至るまで広範囲
     ・日本人では、ほとんどが粘膜表面の扁平上皮細胞から発生する「扁平上皮癌」
     ・男女比8:2で男性に多い
     ・欧米では、腸上皮から発生(バレット食道由来)する腺癌が多い
     ・危険因子は、タバコ、濃いアルコール摂取

    ■症状
     ・初期では無症状
     ・進行すると嚥下時の違和感、つかえ感、嚥下困難、胸痛、体重減少
     ・リンパ節転移では反回神経麻痺による嗄声
     ・気管侵潤により咳漱や血痰

    ■検査・診断
     (1)内視鏡検査
      ・ルゴール染色後、生検を行う
     (2)超音波内視鏡検査
      ・深達度診断に有用
     (3)CT検査
      ・進行癌における進行度判定、転移診断に不可欠
      ・深達度とリンパ節転移などから進行度を決定する

    ■癌の進展形式と進行度
     (1)進行度
    N0 N1 N2 N3 N4 M1
    T0、T1a 0 Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳa Ⅳb
    T1b Ⅰ Ⅱ
    T2 Ⅱ Ⅲ
    T3 Ⅲ
    T4 Ⅲ Ⅳa

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    食道癌
    ■病態
     ・食道癌ができる範囲は、頸部食道、腹部食道に至るまで広範囲
     ・日本人では、ほとんどが粘膜表面の扁平上皮細胞から発生する「扁平上皮癌」
     ・男女比8:2で男性に多い
     ・欧米では、腸上皮から発生(バレット食道由来)する腺癌が多い
     ・危険因子は、タバコ、濃いアルコール摂取
    ■症状
     ・初期では無症状
     ・進行すると嚥下時の違和感、つかえ感、嚥下困難、胸痛、体重減少
     ・リンパ節転移では反回神経麻痺による嗄声
     ・気管侵潤により咳漱や血痰
    ■検査・診断
     (1)内視鏡検査
      ・ルゴール染色後、生検を行う
     (2)超音波内視鏡検査
      ・深達度診断に有用
     (3)CT検査
      ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。