EMR,ESD内視鏡的粘膜切除術

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,425
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
    1.内視鏡的粘膜切除(EMR)
    ■EMRとは
     ・内視鏡下で、病変周囲の粘膜下層に生理食塩水を注入して病変を隆起させ、病変部を
    含む粘膜層を粘膜下層の深さで切除する方法
     ・低侵襲、機能温存の点で、外科的手術よりも優れている
     ・分割切除例では局所再発がみられることがある

    ■目的
     ・食道・胃・大腸の早期癌の治療

    ■適応
     (1)食道
      ①食道原発の扁平上皮癌
      ②粘膜固有層にとどまっている癌
      ③腫瘍は3㎝以下で、病巣は3~4個
     (2)胃
      ①分化型腺癌
      ②腫瘍は降起型2㎝以下、平坦陥(かん)凹(おう)型1㎝以下
      ③病巣内に潰瘍もしくは、潰瘍瘢痕(はんこん)を伴わないもの
     (3)大腸
      ①粘膜癌
      ②粘膜下層への侵潤がある癌では粘膜筋板より300㎛の範囲のもの
      ③腫瘍は無茎型2㎝以下、表面陥凹型1㎝以下

    ■術式
     (1)EMRC法(透明プラスチックキャップ法)
      ・透明なキャップを用いて粘膜を吸引する
     (2)EEMR-tube法
      ・内視鏡にチューブをかぶせて粘膜を吸引する

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    内視鏡的粘膜切除術(EMR)
    内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
    1.内視鏡的粘膜切除(EMR)
    ■EMRとは
     ・内視鏡下で、病変周囲の粘膜下層に生理食塩水を注入して病変を隆起させ、病変部を
    含む粘膜層を粘膜下層の深さで切除する方法
     ・低侵襲、機能温存の点で、外科的手術よりも優れている
     ・分割切除例では局所再発がみられることがある
    ■目的
     ・食道・胃・大腸の早期癌の治療
    ■適応
     (1)食道
      ①食道原発の扁平上皮癌
      ②粘膜固有層にとどまっている癌
      ③腫瘍は3㎝以下で、病巣は3~4個
     (2)胃
      ①分化型腺癌
      ②腫瘍は降起型2㎝以下、平坦かん陥おう凹型1㎝以下
      ③病..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。