学校教育職入門 試験対策 Z1101 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数356
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    これだけ何度も読んで試験に合格しました。参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.いじめや不登校といった現代社会の教育諸問題について対処していくためには教師にどのような資質や適性が強くもとめられるか具体的に述べよ
    教師一人一人が子どもの心を理解し、その悩みを受け止めようとする態度を身につけることが重要。
    「いじめへの対処」
    まず、いじめを起こさせないこと、深刻化させないことが求められる。
    そのためには、教員は児童生徒と適切な関係を作り、また児童生徒同士の関係も適切なものに保つことが重要。つまり、いじめが起こらないような集団の構造をつくる必要がある。
    いじめが起きた場合、教員はどんな論理であれいじめは悪いことであるというメッセージをしっかり加害側に伝えると同時に被害側の子どもを全面的に守る必要がある。その際、いじめっ子のいじめ行為は裁断するがいじめっ子の人格は受容するという姿勢が大切。
    「不登校への対処」
    固定化した対応や一面的な見方を避け、実際の児童生徒と接しながら彼らの心理の理解を進め、柔軟に対応することが大切。
    実際のケース報告をできるだけ多く本や研修などで学んでおくことが望まれる。
    それを学ぶことにより、多様な視点で児童生徒をみることが可能になり、実際の児..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。