国際政治学 Q0705 R0714 試験対策 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数1,011
ダウンロード数47
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    これだけ何度も読んで合格しました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際政治学Q0705
    1.反グローバル化運動について論じなさい
    開発途上国では、経済のグローバル化を推進する世界銀行やIMFに対する批判も高まっている。また先進国でも1999年のシアトルにおけるWTO閣僚理事会に対する抗議以来、反グローバル化運動が展開されている。
    経済のグローバル化は国内ガヴァナンスの改善と国内民主化を促進するが、しだいに世界市場における独占化・寡占化をすすめる段階に到達すると、国際的にも国内的にも負の側面が目立ってくる。これに対し、民主化に伴って活発化したNGOなどは、市民社会のグローバル化による国際的な連帯の下で、今度は、経済のグローバル化批判としての反グローバル化運動を推進するといえる。
    グローバル時代といわれる今日では、反グローバル化がいたるところで叫ばれている。反グローバル化の主張を正面から受け止め、それに応えていくことが、政治の場でも、研究の場でも、緊切な課題となっている。
    ①途上国の反グローバル化
    グローバル化推進派は、グローバル化があらゆる国々、あらゆる人々の生活水準向上に貢献していると主張する。しかし、多くの途上国は、グローバル化はごく一部の豊かな国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。