第2設題 社会福祉方法言論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数201
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     利用者の生涯にわたる発達と地域生活を豊かなものにするために、利用契約制度の下でのケアマネジメントの意義と役割、その方法論的な課題について論述せよ。
     本人の希望やニーズ、必要に応じた福祉サービスを活用することは、利用者の生涯にわたる発達と地域生活を豊かにすることにつながると考えるが、多様化、複合化している今日の福祉サービスをひとつの窓口で調整して提供するケアマネジメントが必要である。
     ケアマネジメントの意義と役割(機能)については次の通りである。①調整機能:「二者あるいはそれ以上の個人、機関、施設、団体などの間に対等の関係をつくり、各々が最大限にその特性を発揮できるように調整・調和を図ること」をいう。また、ケアマネジメントにおける調整機能とは「利用者へのサービスが、調和した状態で一貫して提供できるように、複数の関係機関に働きかける」ことだと考えられる。それは、「社会生活上での複数のニーズ」をもっている利用者に対して、彼らのニーズに最適な社会資源を接合させていくことである。②アドボケート機能:ケアマネジャーのアドボケート機能の基本は利用者本人の意思(深層に隠されているかもしれない)を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。