第1設題 社会福祉方法言論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数180
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉制度の新しい仕組みへの移行が、利用者・家族の暮らし、福祉施設・事業所の運営・経営に与えている影響について明らかにした上で、福祉専門職に求められる課題とは何かについて論述せよ。
     私は、現在社会福祉法人の経営する、知的障害や発達障害のある方の施設に勤務しています。障害者自立支援法によって、利用契約制度へ移行する中、福祉現場も大きな変化がもたらされています。そのなかで、職場の現場だけでなく、この法律が利用者にどのような影響をもたらし、福祉専門職に求められる課題は何かを考えていきたい。
     まず、社会福祉法人の運営する、福祉施設・事業所の運営・経営にどのような影響与えているかから考えていきたい。
    ①施設収入と事業形態
    障害者自立支援法の施行で、福祉施設の事業形態や収入は大きな変化をもたらしたといえる。従来の法律では、施設に支払われる支援費は、月単位の計算であった。しかし、まずは日割り計算になったことや、事業の内容によって利用者1人が1日施設を利用した場合の点数(単価)が大きく異なっている。現在の職場では、障害者自立支援法への移行に伴い、生活介護事業、就労継続支援A型事業、就労移行支援事..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。