設題1 地域福祉論Ⅱ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数172
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代社会におけるコミュニティの特徴と地域福祉の課題について考察しなさい。
    1.現代社会の特徴
    現代社会とは、高度経済成長期を抜いては考えることができない。それは、社会福祉においても同じである。高度経済成長期の高度経済成長は、1995~57年の31ヶ月間という神武景気を最初にして、1970年代初頭にまで続くのである。この高度成長によって、①農業人口の減少から兼業農家の増加②工業部門の、石油化学・電機産業の変化③自動車・カラーテレビによる、景気のけん引等があるなど、産業構造が大きく変化し、社会の現代化をすすめる構造変化が一挙に進んだ。
     高度成長期は、1955~74年に国内総生産がマイナスに転じるまでの、約20年間のことをいう。日本の経済成長率は年率10%という驚異的なものであった。
    産業構造が大きく変化したことによって、賃金生活者の割合は7割に達し、農村の兼業化が進んだ。それと同時に都市化も急速に進んだのである。農村部では、高齢化と過疎化によって従来の相互扶助が崩壊し、都市部では、人口の過密、住宅問題、や教育の問題、医療・交通などのインフラ整備が早急に必要になったのである。こういった成..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。