社会福祉原論2②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数192
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『「市場の欠陥」と「政府の欠陥」をふまえ、社会福祉「市場化」の問題点と市民本位の社会福祉の課題をまとめなさい。』
    社会福祉分野において、国や都の施策方針として精力的に福祉サービス提供主体の多元化と市場化が進められています。しかし、社会福祉分野には、信頼できる保護者がいない児童養護の問題や、身寄りがなく判断能力が不十分な痴呆性高齢者・知的障害者等のサービス利用の問題、特定の障害種別のサービスになじまず生活保護法による対応を図らなければならないケースなど、福祉サービスには市場原理になじまない領域が幅広く存在します。介護保険や保育の分野など普遍化、一般化が進み、多元化が比較的なじみやすいと考えられる分野にあっても、個々の利用者の中には、対応に高度な専門性を要し、濃密なサービスを集中させる必要があるなど、通常の市場原理の中では採算上の理由から事業者から忌避されかねない人も多く存在します。 
    措置から契約という国の政策の流れにより、利用者は福祉サービスを自由に選択することが可能になりました。
    1.選択の自由は万能ではない
     市場の効用として、消費者の選択の拡大があげられる。
    市場にはさまざまな参..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。