社会福祉原論2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数88
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『「市場の欠陥」と「政府の欠陥」をふまえ、社会福祉「市場化」の問題点と市民本位の社会福祉の課題をまとめなさい。』
    私は知的障害者のサービスの市場化問題を考えていきたいと思います。知的障害者に関して障害者自立支援法という法律が施行されました。これは、知的障害者、精神障害者、知的障害者の福祉サービスを一元化し介護保険制度に基づいて行われています。措置から契約という国の政策の流れにより、利用者は福祉サービスを自由に選択することが可能になりました。そして、障害ある方がより自立して生活できるようにと「施設から地域での生活へ」という流れになり、施設利用、サービス利用のあり方を考えさせられています。
    <市場の規制と公共の必要性>
     市場がその効用を発揮するためには、一方で市場の規制を強め公共の機能を発揮させることが必要になってきます。市場がうまく機能するためには、参加する人がルールを守り公正に行動する自覚が求められます。詐欺行為を働いては、市場は機能しません。また、悪事を犯したものは市場から退出させられる必要があります。しかし、市場は参加自由の場であるためから、悪人を事前に排除できないため、不正や詐..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。