社会福祉援助技術論4

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数197
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『わが国においてケアマネジメントが登場してきた背景とその機能について述べるとともに、利用契約制度下におけるケアマネジメントの課題について論述せよ。』
    ・日本においてのケアマネジメントの登場背景とその 機能について
     日本においてケアマネジメントは高齢者に対する支援の領域でまずは導入され、介護保険の運用システムのなかにケアマネジメントによる援助技術方が活用されたことによって、関心が一挙に高まった。しかし、ケアマネジメントは高齢者支援の分野のみで必要とされる援助技術ではなく、ましてや介護保険制度でのみ活用される援助技術でもない。日本ではケアマネジメントという援助技術を必要とする状況が、まず高齢者領域で顕在化したということにすぎず、精神障害者、知的障害者、身体障害者、児童の領域においてもケアマネジメントは活用されて来ている。
    ケアマネジメントは、1950年代にアメリカで生まれたと言われている。アメリカでは精神障害者が地域で暮らすようになってきたが、適切な援助がないためにホームレスになるなど、必ずしも病院や施設より生活の質が向上したとは言えないことが明らかになってきた。その反省のもと、ケアや支..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。