社会福祉史 最終試験

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数6
閲覧数621
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    W0103 社会福祉史 ①地域の相互扶助の制度化である江戸時代の町会所救済について述べよ。 5月午前
    町会所とは、近世における重宝の自治機関あるいは事務所のことを言う。町寄合の会所である。町方運営の救済機関の名称である。
    江戸の人口集中の急激に伴い、その日の賃金で家族の生活を支える「其日稼之者」が、この時期に町方人口の5割を超えた。その中で、米価の高騰が多数の生活困難をもたらし、都市の騒乱である打ちこわしの原因となった。その打ち壊しの中で天明の飢饉がとりわけ深刻であったため、この相互扶助の制度が出来上がるのである。
    江戸の地主階級が負担する町費すなわち町入用を節減するため、天明五年より寛政元年まで五ケ年平均の町入用を算出させ、その額より出来る限り節約した町入用節減高を書出させて、節減を実行させ、その節減額の十分の七を備荒貯蓄のための積金並びに米穀購入費に充て、会所と籾蔵(もみぐら)を向柳原に設立した。これが江戸の救済事業機関たる町会所であった。町会所は七分積金を取扱い、それによって備荒のための事務や市民の救済事業を行う事務所といえる。この町会所の設立によって江戸の市民が不時の災害から..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。