社会福祉援助技術論3 最終試験

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数231
ダウンロード数38
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    社会福祉援助技術論3
    社会福祉における援助活動の意義について
    人間社会では、いつの時代においても他者から保護を必要とする人が存在し、一方では積極的に援助の手を差し伸べ、援助行為をする人がいる。社会福祉援助活動は、このような行為が長い年月を経て蓄積され、体系化されていった。
    わが酷では、憲法第25条「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国はすべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び、公衆衛生の向上及び、増進に努めなければならない」という理念に基づき、国民はすべて最低限度の生活が保障されており、公的な責任を持って組織的、体系的に行う社会的な仕組みとして社会福祉制度を設けている。社会福祉援助活動は社会福祉に関する法令に基づき実践されている。
    社会福祉活動とは、社会福祉制度の体系の中で社会福祉サービスの提供を通じ個人が豊かな社会的生活を送れるように援助することである。個人の生きがいや生活のはりあいを失わせることなく、よりよい社会福祉援助活動がなされるためには、法制度や社会資源を整備拡充することを引き続き努力していくことが求められる。
    かつて日本が経済的、物質的に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。