社会福祉援助技術4 最終試験

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数151
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    W0334 社会福祉援助技術論4 ○個別援助技術の展開過程と面接技法のポイントについて述べよ。 
    ①インテーク(受理面接)…インテークは、「取り入れる事」あるいは「受理」という意味をもち、実際に援助を提供していく段階の準備作業を行う段階でもある。相手の直面している問題や悩みを明確にする事が目的である。                           ②アセスメント(事前評価)…様々な問題の中から個別援助の対象とする問題を選択するために、資料の収集と分析が行われる。                           ③プランニング(目標設定・援助計画)…プランニングは、援助の具体的な方法を選択し、アセスメントにおいて収集・分析した情報を基礎に、最適な目標を利用者と共に立案していく過程である。                                       ④インターベーション(介入)…援助活動の中心をなすものである。また、その捉える視点を3つに分類する事ができる。ⅰ個人自身に重点をおき援助を展開していく。ⅱ当事者の環境に重点をおき援助を展開していく。ⅲ個人と環境の関わり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。