援助技術 最終試験

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数212
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    面接の方法(展開)
    面接の展開には大きく分けて3段階がある。
    1番目は、最初は準備の段階である。
    面接は目的をもったものであるため、それに沿った適切な準備の上で行う必要がある。
    まず、相談者がその場の状況に親近感を持てることが重要であり、机やいすの配置に配慮が必要である。また、面接の話声が外に漏れない、落ち着いた部屋を使うことが望ましい。
    その他にも、面接の目的との関連で必要とされる情報を収集しておくことも必要である。
    複数の相談員がかかわる場合は、相互の役割分担を確認しておくなど、細かな配慮も必要である。
    2番目は、展開の団亜紀である。
    初期の段階では、不安や緊張の除去に努めたり、受容的な雰囲気や非審判的態度、秘密の保持の保障に努めていくことが重要である。
    インテークでは、相談員は持ち込まれた問題を、当該機関、施設のサービスや提供の仕方と関わらせて説明、検討をして、ここで処理できるかどうかを明確にしていく。そして、相談者がこの機関での援助を受けようとする意思を確認し、問題解決に努める。
    店内の中期には、問題解決に向かって面接を継続させ、面接の場所も相談者とその問題状況に応じて使い分け..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。