W0104社会福祉方法原論 最終試験

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数6
閲覧数516
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    W0104社会福祉方法原論 ○社会福祉のアセスメントの視点と方法について述べよ。 5月午前
    (1)アセスメントの視点
    ①食生活を理解する…食生活庁舎は暮らしの基盤を理解する方法。栄養状態、食費からの経済状態、人間関係の様子、場所などから様々な情報を得ることができる。
    ②居住生活を理解する…住まいのにおいに敏感になることである。住居の立地条件・周囲の環境をすることで、そこで暮らす地域住民の経済力を推定することができる等がある。
    ③衣服生活を理解する…身体の保護、衛生から、自己表現の手段など人は衣服から様々な情報を得ることができる。
    ④消費活動・余暇活動を理解する…人間が何にどれだけの時間とお金を消費するのかについてアセスメントすることで、その歩との生活の骨格を理解することにつながる。
    ⑤身体・健康問題のケアの関係を理解する…生活の健全な営みは、健康な身体の存在抜きでは成立しえない。つまり、人間の身体への理解が生活アセスメントには不可欠な要素である。
    (2)アセスメントの方法
    ①人権の尊重・・・生活理解のための生活アセスメントは、プライベートな生活内容へアクセスする局面を多く取り扱うため..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。