老人福祉論Ⅱ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数143
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『社会福祉援助技術現場実習の意義と目的を明らかにしたうえで、社会福祉援助技術現場実習に臨む自らの実習課題及び学習課題について具体的に述べなさい。』
    社会福祉援助技術現場実習を行う上で、実習の意義と目的を考えることは重要である。私たちが行なわせていただく実習先は、その人々の生活の場であり、日常であることを決して忘れてはいけない。その日常の生活に、短期間だけ関わらせていただくことが、どれだけの意味を持っているかを踏まえ、実習の学びを何一つ無駄なものにしないために、事前の準備をしておく必要がある。その実習が、実習生にとって有意義なものになるかどうかは、実習生の事前準備にかかっているのである。実習生は、実習の態度や姿勢など社会的な常識はもちろんのこと、実習の意義を考え、主体的な実習を行うことが重要である。
    1.社会福祉援助現場実習の意義と目的
    社会福祉援助現場実習の目的は、その生活を学ぶことはもちろんのこと、社会福祉の実践を学ぶことであるといえる。まずは社会福祉労働としての社会福祉実践を、見て、感じることである。目の前で起こっていることを、背景も含めて正しく捉えることは、社会福祉実践の第一歩で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。