HC体育概論Ⅰ科目最終試験

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数347
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    S0608 体育概論Ⅰ
    1 子どもの体力や運動能力は、ただ単に大人を小さくしたものではないとされている。その根拠について具体的に述べよ。
     子どもの体力や運動能力は、ただ単に大人を小さくしたものではないとされているが、その根拠を述べる。子どもは、身体的・精神的に発育・発達の最中であり、成長に至る固体である。発育や発達の速度には個人差が大きく、男女差がある。一般的に女児が男児に比べ早く成長する。また、ヒトは生理的早産といわれ、教育でいかようにもなる。
     保健体育の分野では、発育発達を「子どものからだが年齢とともに大きくなり、その働きが徐々に大人の状態に近づくという年齢的な変化」として議論が進められている。ここでは、発育は身長や体重の増加といった”形態的変化”を、発達は「歩くようになる」とか「話すようになる」といった”機能的変化”を意味する言葉として捉える。発育には次のような一般原則が知られている。
     ①発育は全ての個体に共通した順序で進行する。これは運動機能の発達に代表される。
     ②発育には一定の方向性がある。原則として頭から手足の方向-頭尾方向に、あるいは中心から末梢方向-近遠方向に進..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。