職場での傾聴研修(話の聴き方、させ方)

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数533
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    話の聴き方・話のさせ方
    ~積極的傾聴・カウンセリングマインド~
    『入社したその日に退職をしようと思っている人はいない。なぜ辞めていくのか?』
    前 提
    人の気持ちはわからない。
    だからこそ、その人に聴かせてもらうしかない。
    そのためには、心構えとテクニックが必要。
    心構え
    自分の価値観は保留
    自分の価値観や先入観に支配されていると、相手の気持ちは分からない。
    話を聞けても聴くことはできない。
    本当の気持ちを話してくれない。
    「でも」「いや」「しかし」は禁物。
    <例>
     自分の話を聴いてもらいたい時に
      話の腰を折られたらどう感じますか?
      自分の言いたいことと反対のことを言われたらどう感じますか?
    早急な結論は出さない。
    受容的態度
    肯定的関心を持って相手の話を聴くこと。
    無条件に相手を受け止めることが第一歩。
    自分自身の気持ちをニュートラルにして、相手の話を受け入れること。そこに「良い」「悪い」などの判断基準が入ると、自分の価値観を出してしまっていることになる。
    共感的理解
    相手の主観的な見方、感じ方、考え方を、その人のように見たり、感じたり、考えたりすること。
    相手がどのような基..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。