S0534 教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数129
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定でした。レポート作成の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
     最近は家庭での基本的な生活習慣のしつけ、さらには家庭の教育力が著しく低下しているということが指摘されている。基本的なしつけが身についておらず、学校にやってきて45分間きちんと座り、ある程度の集中力をもって授業に参加しにくい子どもたち、教師や同世代との対人関係がもちにくい子どもたち、また不登校という状態で、学校という枠の中におり、教師が何らかのかかわりをもっていかざるをえない子どもたちが存在している。学校や教師はそのような子どもたちを支え、援助し、子どもたちが学校に来て、自分の席で授業を受け、大人や同世代との対人関係がもてるようかかわることで、教育の枠にのれるような心の状態を育み、育てていくというかなり深いレベルでの子どもたちの理解とそれに基づいたかかわりや対応をしていかなければならない(学校カウンセリング入門51-52ページ)。そういった子どもたちは発達途上にあるという視点が非常に重要で、発達のプロセスにおいて、どのような体験をしてきて、それがその子のどのような心の世界につながっているのか、またその中でその子にとって..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。