要介護認定の概要と課題 (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数937
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価はAでした。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「要介護認定の概要と、認定における現状と課題」
    要介護認定とは、介護保険制度において利用者が介護を要する状態であることを公的に認定するものであり、保険給付を受ける前提となっている。  認定までの流れとしては、要介護認定を受けようとする介護保険被保険者は、市町村等に対し、本人、またはそれに代わる家族等が、被保険者証を添え要介護認定申請を行う。申請を受けて、市町村は被保険者宅に調査員を派遣し、認定調査を行う。それと同時に、市町村は申請書で指定された主治医に対し意見書の作成を依頼する。  認定までには一次判定と二次判定があり、まず市町村は、訪問調査結果と医師意見書をコンピュータに入力し、全国一律の基..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。