福祉専門職の抱える課題 (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数424
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価はBでした。更に具体的なデータも必要かと思います。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「我が国の福祉専門職の抱える課題」について
    わが国は少子高齢化の影響を大きく受け、高齢者の介護や子育てサービスなど社会福祉に対する国民のニーズが多様化している。いまや社会福祉サービスは教育や医療と同じように、すべての国民が必要と求めに応じて利用する社会サービスと言える。 それに対しわが国の福祉行政は、施設の建物作りなどのハード面と、事故等不祥事の防止という運営管理の面から、監視的監督に力点を置いてきたのであり、処遇に関してはソフト面である職員の質や量、また待遇に関しては後手に回っていると思われる。実際に「ゴールドプラン」等で、福祉従事者の量的問題であるマンパワーの増強を目標とはしているが、現在..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。