認知症についての説明と対策 (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数499
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会福祉社会家族障害認知認知症記憶評価治療

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    評価はB-でした。特に対策の部分については再考の必要があると思われます。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「認知症について」
    認知症は、いったん発達した知能が後天的に障害された状態である。わが国では70代の2~7%、80代の20~25%が認知症であると言われている。認知症の評価には長谷川式簡易機能評価スケールが用いられるが、初期のものは検出できないことも多い。老齢による様々な喪失感やストレスから、認知症の進行を加速させることも多い。治療により元に戻るせん妄や、うつ病による仮性認知症とは区別する必要がある。  脳血管性認知症は、脳の血管が切れたり詰まったりする結果生じる認知症で、脳卒中の後にも生じるが、何ら病状をきたさないような小さな脳梗塞が多発した結果認知症をきたすことも多い。アルツハイマーと比べ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。