生活保護の基本原理・実施上の原則 (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数555
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価はAでした。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生活保護の基本原理」「生活保護の実施上の原則」について
    生活保護法は、生活保護の基本原理として以下の4点を示している。  ①「国家責任による最低生活保障の原理」生活に困窮する国民の保護を、国が直接の責任において実施することを示している。また、保護は画一的で一時的な救済として行われるものではなく、困窮の程度により、最低生活を維持するに足る給付であることを示し、同時に保護を受ける者の自立を図ることを規定している。  ②「保護請求権無差別平等の原理」全ての国民はこの原理の定める要件を満たす限り、生活困窮に陥った原因のは問わず、もっぱら生活に困窮しているかどうかに着目して保護を行うということを規定し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。