成年後見人の義務と責任 (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数952
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価はAでした。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「成年後見人の義務と責任」について
    成年後見制度は、精神上の障害等により判断能力が十分でない方が、生活、療養看護及び財産の管理に関する事務を本人と共に成年後見人が行うことによって、本人の意思や自己決定を尊重しながら本人を保護するための法律上の制度である。  制度は法定後見制度と任意後見制度とに大別される。法定後見制度が法律とそれに基づく家庭裁判所の決定によって決められるのに対し、任意後見制度は、自己後見のあり方を自らの意思で決めておくという自己決定の尊重の理念に則した制度である。  概要としては、判断能力が不十分な状態にある本人について、家族等の申し立てに基づき、本人の住所地を管轄する家庭裁判..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。