障害者の心理を把握する際の注意点について (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,297
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価はBでした。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「障害者の心理を把握する場合に、特に注意すべき点」について
    障害児・者における心理的を把握するためには、本人の抱える<不安の理解>と劣等感への理解を持つ事が不可欠である。  障害児・者とは、機能不全や機能喪失などの機能障害、さらにそれに付随する様々な障害(ハンディキャップ)を持った人々のことであり、行動の不自由さや生活の不便さを引き起こしているが、それだけではなく機能障害の悪化や障害があるために様々な行動に心配が生じ、不安を感じる。不安とは、漠然とした恐れ、心配のことであり、誰しも不安を持つが、障害児・者特有の不安もある。それは主に①「身体的、行動的不安」②「社会的不安」③「精神的不安」の3つ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。