重要なコミュニケーション技術について (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数933
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価はBでした。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「基本的なコミュニケーション技術のうち、重要だと思われる技術」について
    ワーカーがクライエントと援助関係を結ぶとき、クライエントの個別性を尊重することや、非審判的態度をとること、また共感的理解を行うことはワーカーの姿勢の原則である。  そのことを踏まえた上で、コミュニケーション上重要だと思われる技術に、「傾聴」と「受容」がある。一般的に支援を求めている人は既に悩み苦しんでおり、更に他者の力を借りようとしていることにためらいを感じ、本音を語れない事も多いと思われる。しかし、その人の表情や振る舞い、目の動きなどを見ていると、言葉以上にその人が語ろうとする事柄を感じ取れることがある。傾聴とは、クライ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。