グループ(集団)を活用した相談援助の有効性 (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数704
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉社会福祉社会発達地域問題援助集団課題

    代表キーワード

    福祉

    資料紹介

    評価はBでした。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「グループ(集団)を活用した相談援助の有効性について(グループワーク)」
    集団援助技術(以下グループワーク)は、援助者がグループを媒体として、利用者同士の相互作用を意図的に活用していく援助実践である。援助者が自然発生的あるいは意図的に形成されたグループの利用者の相互作用を活用し、その治療教育的力によってさまざまな目標の達成を目指すものである。  具体的に、社会福祉施設・機関においては、様々な課題の解決や改善を目指す一つの社会資源であり、地域社会のサービスの一つとして、住民参加による地域福祉の充実,健全育成活動や予防福祉活動等の過程に活用されることがある。私たちの身近なところでは職員の日常業務の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。