就労支援制度について(概要) (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数664
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    評価はBでした。障害者の雇用施策についても更に説明が必要と思います。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「相談援助活動に必要となる就労支援制度について」
    生活保護受給者に対する就労支援は被保護者の抱える問題の複雑化と、世帯数の増加により、担当職員個人の取り組みだけでは十分な支援が行えないという課題があった。そこで平成17年に実施機関が組織的に被保護世帯の自立を支援する制度に転換するため、自立支援プログラムが策定された。  自立支援プログラムは、実施機関である福祉事務所が、管内の受給者の状況や、自立を阻害する要因を把握し、その類型ごとに自立支援の具体的内容等を定め、個々に必要な支援を組織的に実施するものであり、「経済的自立」の他に、「社会生活自立」や「日常生活自立」を含むものと捉えられている。個別..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。