社会保障の果たす4つの機能 (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数473
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価はAでした。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会保障の果たす機能について」
    社会保障の具体的な機能としては、次のような事項が挙げられる。 (1)社会的安全装置(社会的セーフティネット) 機能とリスク分散機能 病気や負傷、介護、失業や稼得能力を喪失した高齢期など、生活の安定を損なう様々な事態に対して生活の安定を図り、安心をもたらすための機能。例えば病気や負傷の場合には、医療保険により医療サービスを気軽に受けることができ、稼得能力を喪失した高齢期には老齢年金により安定した生活を送ることができる。何らかの理由から生活困窮に陥り他の制度等では救済できない時には生活保護により生活保障がなされるなど、社会全体でリスクに対応する仕組みをつくることに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。