社会福祉法人の意義と役割、今後の課題について (社会福祉士・精神保健福祉士・社会福祉主事等)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,500
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    評価はBでした。1000〜1200字程度。
    参考程度にどうぞ。原文をそのまま使用することは、くれぐれもお控えください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉法人の意義と役割、課題について」
    社会福祉法人は、社会・地域における福祉の発展・充実を使命とする公益を目的とした民間の非営利組織であり、社会福祉法に基づいて設けられた、営利を目的としない民間の法人である。補助金の交付や税制面での優遇措置が行われるが、公共の社会福祉事業の実施主体として、地域への貢献、在宅を支えるサポート体制の整備など、社会や地域に貢献することが存在意義として求められている。提供するサービスには、例えば高齢者の介護、障害児者への各種支援、児童の保育・虐待を受けている人へのケアなどがあり、さまざまな分野・種類にわたる。  社会福祉法人は、地域社会の中で生活していくために必..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。